ホーム > ナンバリング > ナンバリングの様式

ナンバリングの連続様式とは?
ナンバリングの「連続」と「様式」の意味をご確認下さい。
ユーザーにはやや理解しにくい日本語です。メーカー用語で、おそらく明治時代に輸入された時の直訳英語を現在でもそのまま使っているのでは?


ナンバリングの連続とは数字の進み方です。数字の自動送りの仕方です。数字と連続の間に「回」を入れると解りやすいかも。


0連続  同じ数字を繰り返します。例えば、最初に11という数字をセットすると、ハンドルを押すごとに
 11 → 11 → 11 → 11 → 11 と印字します。
1連続  1回毎に数字が変わります。例えば、最初に11という数字をセットすると、ハンドルを押すごとに
 11 → 12 → 13 → 14 → 15 と印字します。
2連続  同じ数字を2回打つと、次の数字に変わります。(同じ数字が2回連続します)
 11 , 11 → 12 , 12 → 13 , 13 → 14 , 14 → 15 , 15
3連続  同じ数字を3回打つと、次の数字に変わります。(同じ数字が3回連続します)
 11 , 11 , 11 → 12 , 12 , 12 → 13 , 13 , 13 → 14 , 14 , 14 → 15 , 15 , 15
4連続  同じ数字を4回打つと次の数字に変わります。(同じ数字が4回連続します)
5連続  同じ数字を5回打つと次の数字に変わります。(同じ数字が5回連続します)
6連続  同じ数字を6回打つと次の数字に変わります。(同じ数字が6回連続します)
12連続  同じ数字を12回打つと次の数字に変わります。(同じ数字が12回連続します)
20連続  同じ数字を20回打つと次の数字に変わります。(同じ数字が20回連続します)

前のページへ戻る